遠隔会議用マイク・スピーカー R-Talk 1500: 数名〜数十名までマルチに対応、電話会議、Web会議、テレビ会議の3WAYで活用できる遠隔会議システムの決定版

Panasonic (パナソニック) テレビ会議 (ビデオ会議) 「HDコム」 (HD映像コミュニケーションシステム)

商品イメージ
本体 336,960円 (税込) 〜
専用カメラ 93,636円 (税込) 〜
専用マイク 42,984円 (税込) 〜
お問い合わせ・お見積り依頼

高画質、高音質、安定接続、しかもお求めやすい価格!

  • 最高でフルHDの高画質対応。 ワンランク上の臨場感
  • 独自のエコーキャンセラー、全二重通話の高音質
  • 混雑した回線でも映像の乱れや音途切れを抑える、帯域制御機能

会議場などで使われるプロユースの音響機器を電話会議に

「HDコム」は、高画質、高音質、安定接続というテレビ会議 (ビデオ会議) に必要不可欠な要件を満たしながらも、お求めやすい価格が魅力です。

テレビ会議 (ビデオ会議) は、敷居が高くて導入を見送っていた中堅・中小企業から、HD画質・IP対応という近年のテレビ会議 (ビデオ会議) の主流の機能へリプレイスを検討する大企業まで、幅広いニーズにお応えできます。

高画質

表情や細かなしぐさまで伝わるフルHD高画質。

最大1080/60pの滑らかで高精細なフルHDの映像をIPレート約1.5Mbpsの帯域で実現。テレビのフルハイビジョン放送を見る感覚で、離れた相手とビジュアルコミュニケーションが可能です。相手の細かな表情の変化までリアルに伝わり、書類の文字もはっきり読めます。パナソニックが、テレビの「VIERA (ビエラ)」やブルーレイレコーダーの「DIGA (ディーガ)」で培ってきた映像技術力が結集されています。

SDとHDのイメージ

Uniphier (ユニフィエ) システムLSIのイメージ

デジタル統合家電プラットフォームUniphier (ユニフィエ) システムLSIが、相手の表情やしぐさまで鮮明に伝える臨場感画質を実現しています。
※Uniphier (ユニフィエ) は、携帯電話からホームAVまで幅広いデジタル家電に適合するプラットフォーム。商品のソフトウェア、ハードウェアの相互活用を可能にします。パナソニック株式会社の登録商品です。

高音質

同時に話してもクリアに聞こえる全二重ステレオ高音質。

専用デジタルマイクイメージ

20kHz広帯域※1ステレオでの全二重音声※2により、クリアで広がりのある高音質を実現。独自のエコーキャンセラがエコーやハウリングを防ぎ、同時に話しても音の遅延や途切れが少なく、相手がそこにいるかのような自然でスムーズな会話が行えます。
※1: 電話は3.4kHz、AMラジオは7kHz、20kHzはCD並みの音質です。
※2: 同時にしゃべる"ダブルトーク"でも大丈夫。発言がかぶっても音跡切れがありません

会話のイメージ

安定接続

混雑した回線でも映像の乱れや音途切れを抑えます。

通常、帯域幅が低下するとパケットロスが発生し映像の乱れや音切れの原因となってしまします。「HDコム」は、帯域推定機能でパケットロスの発生を防ぎ、前方誤り訂正と自動再送制御の併用で、パケットロスの修復も可能。256kbps/地点まで映像および音声の通信を保持するので、イントラネットはもちろん、インターネット接続時でも映像の乱れや音途切れを抑え、安定した接続を実現しますので、大事な会議を中断せずに利用することができます。

帯域推定機能

帯域制御があると混み具合に合わせて転送量を調節するが、帯域制御がない場合は回線が混むと帯域をオーバーしパケットロスが発生する

帯域推定機能でネットワークの混み具合を高精度に推定し、データ転送量を制御することによりパケットロスの発生を防ぎます。利用者のトラフィックの増減により利用可能な帯域が常に変動するインターネットでも映像の乱れや音切れを抑えます。

各端末の通信環境に最適画質を実現する異速度伝送対応

KX-VC1600JとKX-VC1300Jは、Windows、iOS、Android搭載端末などのマルチデバイス各種機器との接続においては、接続する端末の通信帯域や性能に合わせて最適画質で運用する「異速度伝送」に対応しています。このため、最も通信速度が遅い端末の通信帯域に、接続している全ての機器が引っ張られるといったことがなく、各端末の通信環境に合わせてHD画質、SD画質混在での接続を実現します。

ワイヤレス接続

無線対応AV-QoSを搭載し、無線 (WiFi、WiMAX、LTE) が切れにくくなりました。有線LANの無い会議室や打ち合わせブース、開発現場や展示会場などで、テレビ会議が行えます。

有線LANの無いブースで

有線LANの無い打ち合わせブースや商談コーナーにHDコムを持ち込み、手軽にテレビ会議が行えます。

有線LANの無いブースでの接続イメージ

開発・製造現場で

有線LAN回線敷設が困難な現場にHDコムを持ち込み、手持ちカメラでボードや試作品をクローズアップしながら討議できます。

開発・製造現場での接続イメージ

テレビ感覚で使える

直観的な操作ができる専用リモコン。

リモコンのイメージ
画像をクリックすると大きくなります。

接続はテレビ画面の表示を見ながら、登録された相手先を選んで「開始ボタン」を押すだけ。かんたん、スピーディに会議を始められます。

HDコムのリモコンで、自拠点と相手拠点に設置してある専用カメラのパン、チルト、ズーム操作が行えます。パソコンやサブカメラの切り替えも、ワンタッチで簡単です。

サブカメラ

市販のビデオカメラが使えます。

「HDコム」では、メインのカメラとは別に、市販のビデオカメラなどを利用してサブカメラの接続が可能です。 メインカメラは会議全体を固定的に移しながら、製品や部品、サンプルなど、もう1台のサブカメラで撮った映像を、相手に見せながら打ち合わせできます。

サブカメラ映像へ切り換え時のイメージ

素材の質感など、肉眼では見えにくい部分も鮮明に表示できます。

用途に合わせてビデオカメラを選べます。

接続するカメラは専用カメラの他、お手持ち (市販) のフルハイビジョンデジタルビデオカメラ、業務用カメラ、小型のポータブルカメラなど、用途に応じてフレキシブルに組み合わせて使用できます。

専用カメラのイメージ、フルハイビジョンデジタルビデオカメラのイメージ、業務用ビデオカメラのイメージ、メモリーカードポータブルレコーダーのイメージ

※HDコムは映像入力端子として、HDMI端子×2を装備しています。カメラ入力の対応解像度は下記の通りです。
・KX-VC1600J/KX-VC1300Jのカメラ入力の対応解像度: 1280×720p、1920×1080i、1920×1080pに対応しています。
・KX-VC600/KX-VC300のカメラ入力の対応解像度: 1920×1080i

パソコン資料共有

トリプルモニター機能

自拠点映像とPC資料の同時送信や、相手側映像とPC資料を同時受信できるH.239デュアルストリームに対応。KX-VC1600JはPC資料・相手側映像・自拠点映像を3台のモニターにそれぞれに映しだすトリプルモニター機能を内蔵。PC資料も大画面に表示することができるので、わかりやすく理解度の高いビジュアルコミュニケーションができます。なお、KX-VC1300はデュアルモニターに対応しています。

トリプルモニター、デュアルモニターのイメージ

パソコンのデータを相手に見せながら打ち合わせができます。

トリプルモニターやデュアルモニターなど複数モニターを利用せず1台のモニターの場合でも、HDコムの全機種は、リモコンを使ってワンタッチでカメラ映像からパソコン画面へ切り替えることができます。画像やパワーポイント資料を相手に見せながら、プレゼンテーションや研修など様々な用途で快適にご利用いただけます。

※ パソコン画面共有に対応している解像度は下記の通りです。
・KX-VC1600J/KX-VC1300J: VGA、SVGA、XGA、HD 、WXGA、SXGA、UXGA、WSXGA+、フルHD
・KX-VC600/KX-VC300: VGA、SVGA、XGA、HD、WXGA

パソコン画面へ切り換えのイメージ

KX-VC600はパソコン画面と相手の映像を同時に映すことが可能

KX-VC600はパソコン画面やサブカメラの映像を相手に表示している間、パソコン画面と相手の映像を同時に映すことができます。

※ 全地点がVer2.3かつKX-VC600からパソコン画面共有を開始した場合に対応。
※ PC信号入力の対応解像度はVGA、SVGA、XGA、HD、WXGAになります。

パソコン画面と相手の映像を同時に映し出したイメージ

その他機能

他社機と接続が可能。

KX-VC1600J/KX-VC1300Jは、映像圧縮方式の国際標準規格であるH.261/H.263/H.264に準拠しているため、同じ規格に準拠した他社旧機種とも接続が可能です。すでに導入済みのテレビ会議システム (ビデオ会議システム) を利用しながら、段階的な増設が行えます。

「HDコム」 関連リンク

公式ウェブサイト

テレビ会議「HDコム」 (外部リンク)

※ 詳しい仕様につきましては、HDコムの公式ウェブサイトをご確認ください。

製造メーカー

パナソニック株式会社 (外部リンク)

このページの先頭に戻る

電話会議.comへのお問い合わせや、お見積りのご依頼は……

フリーダイヤルから

電話: 0120-963-451 (携帯可) / ファックス: 0120-588-575

ファックスでのお見積依頼は、専用フォーム(PDF) が便利です。
専用フォームを印刷して必要事項をご記入のうえ、上記専用ファックス番号宛にお送りください。

メールフォームから

お見積依頼
稟議や経理でお見積書が必要な法人様のニーズにお応えし、全ての商品で1点からでもお見積りを承ります。

お問い合わせ
商品の選び方や使い方、動作環境などでご不明な点はこちらからお気軽にお問い合わせください。